読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはようじょ

 今年に入って見た映画の感想。と言っても既に3月ですが。一応2月に入ってすぐ書き始めたんですよ・・・。(下書きでだいぶ寝かしてしまった)

 

・無垢の祈り

 気になるところがあって2ちゃんねるを見ていたら「原作と殺人鬼の描き方が違うという」とあって調べてみたら出てきた小説。

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)

 

 実は高二の時に友人におすすめされた本です。ってことは読んでないんですね僕。まあ、それだけの話なんですが、いきなり過去に頭を殴られたようで妙にショックを受けてしまいました。高校生になってから仲良くなった友人と帰宅部同士そこそこつるむようになり、放課後マックで駄弁っているときにオススメされた思い出の一冊です。みなさんも是非読んでください。ちなみに淫夢やクッキー☆にドハマリしたのもその友人がキッカケです。映画の本編も鬱屈としていますが、思いもよらぬところで欝スイッチを踏んでしまいました。

 

 さて、感想ですが、一言で言えばとても計算された映画だと思います。陰鬱な工業地帯、酒浸りでギャンブル狂いでロリコンの義父と宗教にのめり込む母親、そんな逃げ場の無い少女の心象風景を上手く表現しています。劇中では夏なのに、常に画面が薄暗い。コンクリートと錆びた鉄、そんな工場の灰色が煙突から溶け出したように、空さえもどんよりとしている。町も活気がなく(というか人気が無い)、出てくる人間は基本クズ。自然と少女に引き付けられて「どうしようもないなぁ・・・」と感情移入してしまう。だからこそ、自転車で駆けるシーンの爽快感が際立ちます。

 (一つ気になったのは、導入部を除いて学校に行く描写がないことです。原作にはあるのか、演出の都合なのか、または学校に行ってないのか。三年越しに原作を読んで確かめたいです。)

 また、時間的な演出も巧みです。変態にイタズラされる導入部では眼帯を着けていることから事件後、つまり時間軸の上ではクライマックス後の出来事だと分かりますが、タイトルが出た後(時間軸上での序盤)に廃工場をうろつくシーンでは変態親父の耳らしきものが出てくる。そうやって円環構造にすることで少女の見ている閉じた世界(母親がしきりに輪廻云々と言っていたのが象徴的です)というものを上手く映像化していると思います。

 それにこの映画の見所は何といっても演技でしょうか。父親の嫌な感じ。見た目は普通の人なんですよね。それに、小児性愛者なのかは分からないけどチャラいねえちゃんと遊んだりして、只の気持ち悪いロリコンというイメージにも当てはまらない、「現実に居そうなクズ」感が絶妙です。そして子役の女の子。もちろん普通に可愛いんだと思いますが、虐待されてる子っ"ぽい"独特の汚い髪や鋭い目つき、子供特有の無邪気な一挙手一投足、第二次性徴に突入した少女の若干の色っぽさ、これらをうまく同居させています。

 自主制作映画なので、やはり"使いどころ"を絞らなければならないわけですが、本作では冷たい熱帯魚ばりの解体シーンに結構力が入っています。ネットを見ると(キコキコ作業している様子が)殺人鬼の神性を損なうと不評もありましたが、個人的にはリアルな感じが割りと気に入ってます。

 

 

無垢の祈りは2017年最初に見た映画で、その感想を三月半ばに書いてる時点で先が思いやられますが何とか劇場で見た映画だけでも感想を書いていこうと思います。

 

 

 

Innocent Player ─ 無垢のシコり

コミケのエッチな本の戦果報告です。

 

f:id:metasiten:20170107024005j:image

イラスト集です。故にシコれないので買わなくてもよかったなぁと思いました。50点。

f:id:metasiten:20170107024059j:image

Twitterに載せてる絵をまとめました的なやつです(知らんけど)。ガルパンのミカ目当てだったんですけど分量が少なくて微妙でした。60点。

f:id:metasiten:20170107024525j:image

直前にTwitterで見かけたので買ったら、それとはまた別のやつだったらしく中身見てがっかりしました。30点。

f:id:metasiten:20170107024659j:image

300円だか500円だか。どこぞのサークルが無料で配ってる会場限定冊子よりひどい。なまじ好きな作家で期待していただけに怒りで震えが止まりません。10点。

f:id:metasiten:20170107024820j:image

アイマスには疎いのですが好きな作家なので買いました。シコれないけど、エレクチオンには持ってこいといった感じ。70点。

f:id:metasiten:20170107025213j:image

TSF。人生ゲームもそうなんですけど、非エロ(WEB)漫画のセルフエロパロが本当にすこなんだ。80点。

f:id:metasiten:20170107025508j:image

既刊。短い。流石にこれで500円はどうかと思う。内容や画風は好き。65点。

f:id:metasiten:20170107025558j:image

睡眠姦が好きなオタクとしては、ね。よく出来ているし、最後の落とし方(ダブルミーニング)も悪くないんだけど、如何せん内容に厚みが足りないので、読後の不足感がある。85点。

f:id:metasiten:20170107025905j:image

モナー要素です。と言っても、この作家が好きなだけで、他の作家のケモでシコったことはありません。今回は微妙にページが少なかったような気がします。若干内容が薄い。75点。

f:id:metasiten:20170107030041j:image

安定感が抜群です。90点。

f:id:metasiten:20170107030119j:image

正直これのためにコミケ行きました。NTRでRJで好きな作家なので本当に期待していた。…まぁ、ね?悪くはないんだよ?(何かラストが(これで終わり?!)って感じだったので多分時間がなかったんだと思う)。85点。

f:id:metasiten:20170107030505j:image

毎回抜けそうで抜けないのでエレクチオン専用漫画家みたいなところがある。抜きどころがさぁ〜、なくない?全体的に好きなんだけど、(あ、今回はフィニッシュできそう)っていつも期待するんだけど。ただ、めっちゃいい人そうでした。すごい腰低くてこっちもペコペコしちゃいました。75点。

f:id:metasiten:20170107030854j:image

一応、ちゃんと買ったやつです。こいつ、商業でも手ぇ抜きやがって、前回の同人誌も消化不良な内容で、悪い噂も聞くし、本当にふざけた野郎だなと思っていたのでかなり期待値低めだったんですが、なかなかでした。フィニッシュできたし。80点。

2016年宇宙の旅

2016年に劇場で観賞した映画の備忘録(あと2日あるけど流石に見に行かないと思うので)

 

傷物語Ⅰ熱血篇

さんざん公開を遅らせた上に3分割ってどうなってるんですか・・・。

・ブリッジ・オブ・スパイ

いつものスピルバーグの真面目路線映画。正直、助演男優賞は以外というか。

・ブラック・スキャンダル

そんなにクライム映画的なバイオレンスがなくてガッカリ。

・イット・フォローズ

ホラー映画は嫌いなのですが、とてもよかった。これを機に他も見てみようと思う。

・オデッセイ

まあまあ。セルフ手術のシーンがとても痛そう。

・ドラゴン・ブレイド

ジャッキーが好きならいいのでは?という感じ。編集が下手すぎて頭が痛くなった。

サウルの息子

新しい映像表現で、臨場感と緊張感が半端じゃないことになっている。

SHERLOCK/忌まわしき花嫁

まあ・・・ファンサービスみたいなもんやし・・・。

・ヘイトフル・エイト

好きじゃないけど嫌いじゃないよ。タランティーノ節が好きだったり、ウエスタンのパロディが分かるんだったら、それなりに楽しめるのでは。

ガルパン(4DX)

4回目。4DXより爆音上映のほうがいいと思う。

・マネー・ショート 華麗なる逆転

日本特有の下らないマーケティングで「華麗なる逆転」とかつけられてるけど、そんなに爽快な話じゃありません。それもそのはず、現実のリーマンショックが後味最悪なんだから。劇中でもしっかりそこに言及しているのに逆転劇と銘打っているから、「

え~なんかラスト微妙じゃない~?」とかいう人が現れるんですよ・・・。

・Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

イアン・マッケランがおじいちゃん可愛い。

バットマン vs スーパーマン

アクションシーンは悪くなかったけど、上映時間が長いし、会話シーンというかダラダラしたシーンが多い。雰囲気とかも(ノーラン引き摺ってんな~)という感じで、なんとも煮え切らない。

スポットライト 世紀のスクープ

やっぱりカトリック教会はクソじゃないか!アメリカから~出て行けぇ~!(普通)

・レヴェナント 蘇りし者

クマちゃんがリアルですごい。デカプリオくん念願のオスカー。

ズートピア

可愛いノアの方舟。劇場を出た瞬間”失楽園”の気分を味わえる。

アイアム ア ヒーロー

日本映画で、やれることはやったんだ!というゾンビ。序盤の、日常が変わっていく様子を徐々に描いていくのとかはウマイいなぁ~と思った

・シビル・ウォー

安定のマーベル。AOUは個人的に微妙だったけど、こっちはかなりよかった。最初の対テロリスト戦とか、中盤のスマブラみたいな会戦とか、チェイスシーンとか、ラストの一騎打ちとか、バラエティに富んでるんだけど質も高くて最高や。

ヘイル、シーザー!

全体的に好き。50年代のハリウッド作品の再現を見ているだけで楽しい。赤狩りが物語のベースにあるんですが、同時期に公開していた「トランボ」のほうも見に行きたかったです。

デッドプール

思っていたよりはおとなしかった。完成度はとても高かったと思うので、次回作ではもっとはっちゃけてほしい。

・帰ってきたヒトラー

最高でした。オープニングでもう「お、意志の勝利やんけ!」ってボルテージMAX。序盤のインタビュー映像は全部本物っていうのがすごい。中盤は異世界転生物みたいなワクワク、終盤はちょっとダレるけど、まあエンディングでうまいこと語らずにまとめていたので。

・シン・ゴジラ

字幕がバンバン出てくるの好き。作品の性質上仕方がないのかもしれないけど、社会学的に語られることが多いので、下手に語ると怪我をしそう。

X-MEN:アポカリプス

これといって感想は無いけど、シルバー・クイックのシーンのためだけに見てもいいくらい格好良かった。

・栄光のランナー 1936ベルリン

絵面の完成度はとてもよかった。トレーニングに割く時間が短いので、若干「こいつ簡単に勝ちすぎじゃね・・・?」といった感じがある。

・ミュータント・ニンジャ・タートルズ<影>

寝ちゃった。タートルズあんまり好きじゃないのがはっきりした。(免許合宿が暇だったので見に行った。)

ファインディング・ドリー

前作ニモで語られなかったところをうまく一つの作品にした、と言いたいところだけどタコが万能すぎたり、くどい演出が多々あったり、まあ期待に答えるために多少無理をしないといけなかったんでしょうね。

・スーサイド・スクワット

途中で寝ちゃった・・・。ハーレクインが可愛いこと以外覚えていない。

・劇場版アイカツスターズ!

スターズの夕日のシーンでオタクがブヒブヒ言っているんだろうとは思うんですが、あざとすぎませんかアレ・・・。僕としてはスクリーンいっぱいに映る紅林嬢のおみ足だけでも満足です。

・グリーンルーム

グロい。カッコいい。会場で買ったTシャツがお気に入り。

・ナイスガイズ!

ロリがめっちゃ可愛い。アメリカ人ってしっかり者の幼女キャラ好きですよね絶対。全編ギャグが散りばめられていて飽きずに笑える。探偵物としてもちゃんとしている。当時のポルノ産業や自動車産業の事情などが複雑に絡んでいて意外と深みのある映画。

君の名は。

お前なぁ・・・お前なぁ・・・。

ハドソン川の奇跡

まあ、普通です。「シン・ゴジラが3.11を、ハドソン川が9.11(の記憶をフラッシュバックさせた飛行機事故)をそれぞれ描いていて云々」という指摘は面白かった。

・手紙は憶えている

質は高い。けどやっぱりオチありきすぎるというか。

・PK

きっと、うまくいくがよかったので期待しすぎた感はある。全然悪くないけど。はい。

この世界の片隅に

すずさんの困った顔がなあ、可愛いんじゃ。

・ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

あくまでもハリポタとは別っていう作品。だからこそという評価もあるけど、自分はもっとハリポタ感が欲しかった。

・ローグ・ワン

ラストのカタルシスが半端じゃない。制作上の色々を知ると感慨が増す。今年はR2とレイア姫の中の人も亡くなったし、スター・ウォーズにとっては特別な年ですね・・・。

 

 

TOP10

1 この世界の片隅に

2 ナイスガイズ!

3 イット・フォローズ

4 ローグ・ワン

5 マネー・ショート

6 サウルの息子

7 帰ってきたヒトラー

8 シビル・ウォー

9 へイル、シーザー!  

10 ズートピア/シン・ゴジラ

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…

スターウォーズについて。

僕の映画体験の原初は、恐らくスターウォーズです。今にして熱狂的なファンというわけではありませんが、記憶の中の、1番初めにある映画はスターウォーズなのです。

朧気ながら、父親と見ていた記憶があります。(物心つくかつかないかの子供が自分から映画を見たい言うこともないのでそれはそうですが。)

それもエピソード5(帝国の逆襲)です。何故プリクエルではないのか。自分でもいまいちピンとこないけど、多分子供なのでショッキングなシーンの数々が印象に残ったんだと思う。血に染まる白い怪獣ワンパ、腹をカッ捌かれるトーントーン、ボケ老人みたいなヨーダ、カーボン冷凍されるソロ、腕を切り落とされるルーク…。

書いていてエピソード6(ジェダイの帰還)も、ジャバのくだりで結構気持ち悪い宇宙人とかいっぱい出てきたことを思い出した。(なんかジャズみたいなシーンに出てくる宇宙人みんな気持ち悪いよね)

とにかく、子供の僕にとっては、プリクエルよりトリロジーの方が色々とショッキングで記憶に残っている。でも、まぁ世代が世代なので、プリクエルのスタイリッシュなSF感のスターウォーズも、それはそれで違和感なく自分の中にあるんですが。

 

スターウォーズは、言わずと知れた「父殺し」の物語の代表作。それが父親との思い出と抱き合わせなのが皮肉だなぁと書いていて悲しくなった。

(プリクエルが面白くないのは、トリロジーが当たったことで、ジョージ・ルーカス父親との確執を解消し、物語の根底にあったエネルギーを失ってしまったからだとも言いますね)

ちなみに、スターウォーズシリーズの最新作『ローグワン』は父親殺しの物語ではありません。むしろ、受け継いでいくことに主眼を置いた物語です。

 

果たして僕は、父親を殺せる(た)のか。或いは何かを受け継ぐことができる(た)のか。

(文章が下手なのでいつもオチが唐突です)

親衛隊はユダヤ人の夢を見るか  (『手紙は憶えている』感想)

 

 映画『手紙憶えている』の感想です。ネタバレを含むので、見るつもりのある人はフラウザバック推奨です。

 

 

『手紙は憶えている』あらすじ──

最愛の妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ。ある日、ゼブは友人のマックスから1通の手紙を託される。2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された、アウシュビッツ収容所の生存者だった。手紙にはナチスの兵士に関する情報が記されていた。兵士の名前はルディ・コランダー。身分を偽り、今も生きているという。容疑者は4人にまで絞り込まれていた。体が不自由なマックスの思いも背負い、ゼブは復讐を決意し、1通の手紙とおぼろげな記憶だけを頼りに単身旅に出る。

 

はい。このあらすじから分かるとおり、「おじいちゃん版メメント」って感じです。

主人公ゼブは認知症なのですが、起きるたびに記憶を失い、自分が今どこにいるのか、何をしているのか分からなくなってしまいます。(起きるとまず、既に亡くなった奥さんの名前を呼ぶのが泣かせます)(ここら辺もメメントっぽい)

メメントでは記憶を辿るキーが刺青と写真だったのが、この映画では主に手紙だけです。ただ、マックスの立てた計画通りに動くだけ(さらに行く先々のタクシーまで予約してくれているという周到っぷり)なので大分イージーモード。(故にそこらへんのハラハラドキドキ感も薄い)

 

それと、周りが尽く「こんなおじいちゃんが何かするわけないでしょ?」ってな扱いでスルスルとセキュリティを突破していく様が面白いです。特に、ショッピングモールで警備員の黒人が、ゼブの持っている銃を見て「グロックか?………俺が最初に買ったやつだよ」というシーン。(まあアメリカの田舎なんてオープンキャリーができるわけだからなんてことないんでしょうけど)

 

容疑者リストの4人も紛らわしい奴ばかりですが、それぞれナチスにまつわる問題がバックにあって興味深いです。国防軍潔白論、同性愛者の迫害、ネオナチ、逃亡したナチ残党…。

 

ナチの残党刈り映画と言えば、今年の夏に『顔のないヒトラーたち』(公開は昨年の10月)を見ました。残党刈りと言いますか、冷戦下の、半ばナチス時代に触れることがタブーになっていた西ドイツで、若き検事がアウシュビッツ戦争犯罪を裁くために奔走するという内容です。この映画ではヨーゼフ・メンゲレが最大のターゲットのように描かれていますが、史実がそうであるように、結局捕まえることはできません。同様に主要なターゲットと目されていたアドルフ・アイヒマンも、見つかるものの、モサドの手に渡り、ドイツ人自身の手で裁くことはできませんでした。

そんなアドルフ・アイヒマンの捜索を、フリッツ・バウアー検事総長(『顔のないヒトラーたち』で頼れる上司的な存在だった人)を主人公にして描く映画『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』が来年の1月に公開されるので、こちらも注目です。

因みに今年の夏に新作が公開されたX-MENですが、前々作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でもエリック(マグニートー)によるナチス残党刈りが描かれていますね。(X-MENの原作者スタン・リーはユダヤ系)

 

 

『手紙は憶えている』の話に戻りますと、この映画、オチありきだったのかなと思ってしまいます。「衝撃のラスト!」という煽りをどこかで見た気がしますが、その最後にあるどんでん返しに若干疑問が残るんですよ。

最終的に、"主人公のゼブもまた、親衛隊の1人だった!"という真実が明かされます。でも、何でそれも忘れてるの?と腑に落ちない。認知症はあくまでエピソード記憶の形成ができないというだけで、これまでずっとユダヤ人と偽って暮らしてきたなら、その記憶は認知症と言えど忘れないはずです。認知症で物語を引っ張ってきて、最後のトリックが認知症じゃ筋が通らないってどういうことやねん。一族揃ってユダヤ式の祭事とかしてたし、ずっとユダヤ人として暮らしてきたはずなので、自分で記憶を改竄してたとか?それにしてもストーリー的に辻褄が合わない。その点『メメント』では、記憶障害を上手く利用して「記憶の改竄」に合理的な説明を与えていました。

新鮮な切り口ですし、それまでのストーリーがたんたんと丁寧に進んでいただけに、そこが引っ掛かってしまいます。なので、 今だったら、他に面白い映画(具体的にはPK)を見に行った方がいいかな、くらいの満足度でした。

 

youtu.be

 

暗い人類計画

果たして、性行為をすることの意味とは。

言わずもがな、性行為とは、子孫を残すために行うのである。

 

ところで、「家族計画」という言葉がある。

厚生労働省の厚生白書によると、

 

──われわれが健康にして文化的な生活を営むためには、自らの手で家族設計すなわち適当な家族構成を考えて行くことが必要となるが、家族計画とは、このような自主的計画的な家族設計のことをいうのである。──

 

と定義される。

それならば、である。この考え方を地球規模に広げてみても、何らおかしいことではない。

つまり、人類が健康にして文化的な生活を営むためには、自らの手で適切な人類構成を考える必要があるのだ。現在の世界人口は、70億人を超える。完全に飽和状態である。徒に子供を増やすことは、即ち自らで自らの首を締めているに等しいのである。然るに、我々は自ら地球の資源、食料、土地の限界を鑑みて、養うに適切な人口まで減らす必要があり、そういった試みを此処に「人類計画」と命名するのである。

 

およそ、理性的な判断のできる人間ならば、このような事態にあって、子供を増やそうなどといったことはしないであろう。しかし、悲しいかな、我が国ニッポンに於いては、未だにマッチョイズムが如く「早くに女を抱くこと」「多くの女を抱くこと」が誉れとされている。あまりに先行きは暗い…。

 

よって、この国のインテリジェンスである私が、「人類計画」のフロンティアに立ち、積極的な童貞の維持を唱えるに至ったのである。

(目民 留著『童貞のマニフェスト・デスティニー』より抜粋)

少年期の終わり

20歳になってしまいました。ついに。

0歳から19歳の最後の1秒に至るまで、自分が20歳になるなんて想像できなかったし、なった今も実感は皆無です。

 

(例の如くヤラハタなので、Twitterで呟くネタにはなると思ったんですが、

あそこで生年月日を大っぴらにするのはネットリテラシー的にアレなので止めました。)

 

「少年期の終わり」というタイトル(言わずもがなアーサー・C・クラークの『幼年期の終わり』のパロディ)の通り、もう社会はボクを子供として扱ってくれないので、少年法も適用されません。とは言っても、大学生になってしまえば(つまり昨年の時点で)、もはや子供のように振舞うことが許されない雰囲気ができ始めるように感じます。今まで「遊ぼう」だったのが、たった数ヶ月で「飲もう」に変わってしまうのだから。(高校垢見てたら本当にそんな感じ)

ボクはまだ子供でいたいです。でも、もう子供ではないので子供に戻りたいです。

(やり直し願望が強いので、タイムリープ系のアニメが好き。見たら見たで辛くなるけど)

 

なんか「子供という概念は近代に誕生し云々」とかカッコイイ書こうとしたけど、結局とりとめのない散文詩みたいな文章になってしまった。

 

追記:ブログのタイトル「めたしてん」は”メタ視点”と”めたみるの支店”のダブルミーニングです。