家族について

 シング・ストリートを見ました。元々見るつもりではあったんですが、やはり新作、準新作はレンタル料が高いので足踏みしていたところ、この間TSUTAYAで準新作100円セールをやっていたのでようやっと借りられました。作品の内容の如何とは別に、何故か深い感動に襲われたので多少なりとも吐き出せたらと思います。

 

 そもそも話は遡ること昨年。アイカツスターズの15話を見たときに猛烈な不快感に襲われたことが始まりでした。恥ずかしながら、それ以降モチベーションが保てずにアイカツスターズを見ていないので、厳密なことは言えないのですが、トップアイドルの姉とそれに対しコンプレックスを持っている妹との確執を描いた回で、最終的にはお互い泣きながら本当の思いを打ち明けあって無事和解する、という結末です。

 この話を見たとき、何がそんなに頭にくるのか自分でもよく分からず、思考を言語化できませんでした。ツイッターでも何となく気に入らないというようなことを呟いていたら、アイカツのオタクのフォロワーにブロックされてしまったくらいです。しかし、例えば家族を描いたアニメとして有頂天家族は好きですし、狸一家の親子、兄弟、親戚との確執描写は見ていて不快になることはありません。では何故アイカツスターズの15話は駄目なのか、今日まで答えを出せずに何となくモヤモヤして過ごしてきたところ、シング・ストリートを見てピンと来たのです。

 それは、シング・ストリート(或いは有頂天家族も)は「確執のある家族」を「確執があっても家族」と、ありのままで肯定してくれているのです。対して、アイカツスターズ15話は、「家族の確執」=解決すべきもの、つまり家族は仲良しが一番、とでも言っているかのように感じられます。もちろん、家族にしろ何にしろ、仲がよければそれがいいことなんでしょう。でも、現実はそうじゃない。これまで仲良くしてこれなかったし、これからも仲良くしていけないだろう家族は世の中にたくさんいる、何より、自分自身、身をもってそれを実感しています。そういう人間にとって、彼の15話は、どこまでもファンタジーでしかなく、無責任で、押し付けがましく、そして(仲がよければよかったなぁ)と思うからこそ、受け入れがたいものに映ってしまうのではないでしょうか。夜、月を眺めてセンチな気持ちになり、泣きながら抱き合いお互いの思いを告白し合って家族が和解できれば、そんな楽な話はありません。

 その点でシング・ストリートは、家族の問題に対して大団円を映しません。あの後(アイルランドで離婚が合法化されてから)、両親は離婚したのか、姉はどういう道を進んだのか、兄は社会復帰できたのか。しかし、それでいいのだと語りかけてくれているように感じました。ちょうど、主人公のコナーが深夜家を発つ前に、眠っている両親を一瞥した後、母親に「I love you.」と語りかけたように。わざわざ大声で喚きながら抱き合う必要なんかない。どんなに歪でも、不恰好でも、会話なんてなくたって、心の底に「I love you.」と言える気持ちさえあれば、直接言葉に出さなかろうが、面と向かって弟の門出を祝えなかろうが、それはやはり家族なのだと。

 「家族」という繋がりは、もはや修復不可能になってしまっても、全部壊してなかったことになんてできません。いつまでも付いて回る問題です。それ故、そんな家族の在り方しか知らない自分のような人間にとって、本当に信じたい、信じられるファンタジーはシング・ストリートなのです。